3. 70~74歳の39%が経済的に困っている

実は内閣府の「令和3年版高齢社会白書」によると、70~74歳の39%が経済的に困っていることがわかりました。

出所:内閣府「令和3年版高齢社会白書(全体版)」

先ほどご紹介した厚生年金と国民年金の金額では、生活が厳しいと感じる方も少なくないようです。

「自分で年金を増やす」という発想を持つことが大事といえます。年金を増やす方法はいくつかありますが、ここでは2つご紹介します。

3.1 「国民年金基金」に加入

国民年金の第1号被保険者の方は「国民年金基金」に加入できます。国民年金基金は、自営業者などが国民年金(老齢基礎年金)に上乗せできる公的な年金制度です。

掛金は全額所得控除の対象になるので、現在の所得税や住民税の軽減もできます。

3.2 iDeCoに加入する

最近話題にのぼる「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、自分で元本確保型(定期預金や保険)や投資信託から金融商品を選び、金額を決めて積み立てる私的年金制度です

運用益が非課税になり、掛金は全額所得控除。さらに受給時には、公的年金控除や退職所得控除が使えます。

拠出限度額は自営業や会社員・公務員、専業主婦などによってそれぞれ異なるので、事前に確認しましょう。

将来のお金に興味を持ったときが、スタートラインともいえます。年金を増やす方法も資産を形成する方法も、人によって「合う・合わない」があります。

自分に合う方法を見つけるためにも、まずは情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

参考資料