1. 会社員で「貯蓄1000万円」を達成する割合

総務省の「家計調査貯蓄・負債編2020年」によると、勤労世帯3221世帯のうち、1000万円以上の貯蓄を有するのは1366世帯でした。

つまり、全体の約41%が貯蓄1000万円を達成していると言えます。

ただし貯蓄をしている家庭にも「負債」が存在します。

一般的にイメージされる借金だけでなく、住宅ローンや教育ローンなども返済義務がある以上、負債の一種に含まれます。

貯蓄から負債の額を引いた額を「純貯蓄額」といいますが、この純貯蓄額が1000万円を超える世帯に限定したところ、その数は1008世帯となりました。

割合にすると、約30%です。

負債額を引いても約30%の人が達成できている「貯蓄1000万円」。しかし正直なところ、

「それは住宅ローンを完済した世代がほとんどではないか」
「若い間はムリ!」

という感想を抱いた方も多いでしょう。

そこで次は、年代ごとの貯蓄事情を確認してみます。