なぜ日本人は円建て預金を真面目にするのか?

アジアの国際都市では庶民でも通貨リスク分散が常識

過去20年ほど新興アジア諸国で仕事をしてきましたが、アジア経済は現地通貨が目減りしてきた歴史でした。私自身、タイやインドネシア等に出張してアジア通貨危機(1997年)を体験しましたので、現地通貨が暴落した時の庶民の苦渋は鮮明に覚えています。

私が駐在したベトナムでは(1996年〜1998年)、過去にインフレ抑制のためデノミ(通貨単位の変更)を実施してきた経緯があり、当時、国民は現地通貨のドンを信じておらず、米ドルのタンス預金が一般的でした。だからこそ、今でも新興アジア諸国では富裕層も庶民も母国の通貨安リスクに敏感にならせざるを得ないのだと思います。

一方、日本では長期トレンドとしては円高に向かってきました。1971年〜1985年、固定1ドル=360円から変動相場制下の円高(〜260円)、そして、1985年9月のプラザ合意で円高に拍車がかかり、ドル安に歯止めをかけようとしたルーブル合意も振り切って120円まで急騰しました。そして、2011年10月31日早朝に一時1ドル=75円32銭の戦後最高値を更新しました。

母国の通貨安リスクに備える

しかし、現在、アベノミクス効果で1ドル114円付近です。海外で円建て所得で暮らす日本人は最近の円安のおかげで貧乏になってきました。

一部の大企業等の海外駐在員は為替変動やインフレに対応した給与調整システムがあるので良いのですが、そうした給与システムのない多くの日本企業の海外駐在員とその家族は困っているのではないでしょうか。また、日本の年金を頼りにタイ、マレーシア等にリタイア移住したシニア世代も以前よりは生活の余裕がなくなってきているはずです。

もちろん、先行きの為替相場は予想できません。もし円高になれば円建て所得がある海外在住日本人にとってはプラスになり、そうなってもらえば助かります。しかし、もし円安に振れれば現地通貨の支払いが発生する海外では生活が苦しくなります。そうなれば外貨を稼げる力が鍵となってきますが、それは簡単なことではありません。

そう考えると、円建て所得で暮らす海外在住日本人の緊急時対応計画としては、悪いシナリオ、つまり、一定の円安を想定して保険をかけるようなつもりで円資産を一部外貨にシフトさせて備えておくべきでしょう。

なお、日本にいれば安心というわけではありません。将来、万が一急激な円安に振れる時期が一時的にでも到来すれば、それに伴い日本国内では輸入インフレ等が心配されますので、リスクヘッジの観点から金融資産の一部を外貨建てにしておくということは一考に値するかと思います。

個人的には、今は米ドル外貨預金や米ドル建てMMFといった商品が魅力的に見えますが、いずれにしても今後、金融資産のポートフォリオを見直す際には通貨リスク分散の観点を少し強く意識してみてはいかがでしょうか。

大場 由幸

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

大場 由幸
  • 大場 由幸
  • SME Financial Architect x Fintech x Frontier Markets

新潟大学法学部卒業、フィンランドAalto大学 Executive MBA取得、英国オックスフォード大学 Fintech課程修了、米国マサチューセッツ工科大学 AI課程修了。
中小企業金融公庫(神戸、宇都宮、東京)、在ベトナム日本国大使館(ハノイ)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京)、東京中小企業投資育成(東京)を経て、2008年4月、クロスボーダー・ジャパン(株)代表取締役社長(東京&シンガポール)に就任。
日系中堅・ベンチャー企業のアジア戦略・財務を支援する傍ら、新興アジア諸国にて多数のSME金融関連プロジェクトに従事し、マレーシア信用保証公社 JICAアドバイザー(クアラルンプール)、ベトナム信用情報センター 世界銀行コンサルタント(ハノイ)、インドネシア経済調整庁 MSME金融包摂アドバイザー(ジャカルタ)、ミャンマー経済銀行 SMEファンド助言チームリーダー(ネピドー&ヤンゴン)等を歴任。
現在、エンジェル投資家/アドバイザーとして複数のフィンテック企業(ロンドン、ニューヨーク等)の経営に関与。ポルトガル政府公認ビジネスエンジェル(アヴェイロ拠点のエンジェル投資家団体REDangelsに所属)。マレーシア在住、エストニアe居住。