当記事では、「指値(さしね)注文」と「成行(なりゆき)注文」の違いを解説していきます。株の初心者の方はぜひ参考にしてください。

指値(さしね)注文とは

発注する際に買いたい株価、売りたい株価を自分で決めて注文すること。例えば、「何円で、何株を買う」「何円で、何株を売る」というように、指値をします。指値は英語で、limit order(リミット・オーダー)ともよばれます。

指値注文のメリット

自分で売買したい価格で取引ができることです。短期的に急上昇した株価で購入するのを防いだり、大きく下落した株価で売却するのを防ぐことができることがメリットです。

続きを読む

指値注文のデメリット

株価の動きが激しい場合に、商いが成立しにくいという欠点があります。

例えば、500円まで下がると想定して500円で指値注文を出したとします。しかし、505円まで下がったものの、結果的に520円まで上昇してしまったとします。

こうした場合、500円で指値を出していたものの、結局一度も値を付けずにその日が終わってしまい、売買できなかったということがあります。

指値注文がおすすめのシーンまとめ

  • 売買したい株価が決まっている場合
  • 買い注文を出している際に高値掴みを避けたい場合
  • り注文を出している際にろうばい売りを避けたい場合