イチゴの育て方

それではさっそく、イチゴの育て方をみていきましょう。

用意するもの

  • イチゴ苗
  • 浅型プランター、鉢(深さ20センチ程度、専用ポット鉢など)
  • 野菜用の培養土(またはイチゴ専用の土)
  • 鉢底網、鉢底石
  • スコップ

植え付け

お気に入りの苗を手に入れたら、さっそく植え付けをおこないます。

プランターに鉢底網や鉢底石を敷いておきます。鉢底石は2センチ前後入れておき、土を入れましょう。

直径が30センチ程度の丸鉢なら、3つの苗を植えることができます。長さがあるプランターなら横並びに植えることができます。いずれの場合も10~15センチの間隔で植えられるようにしましょう。

イチゴは葉の付け根に「クラウン」があります。これは葉の生長点なので、ここを埋めてしまわないように注意しましょう。浅植えが基本ですが、根は土からはみ出さないように植え付けます。

イチゴには「ランナー」とよばれる株元から出る「ほふく枝」があります。イチゴは、このランナーから株を増やす性質があり、苗はもともと「ほふく枝」でつながっていたものを、ひと株ごとに切り分けたものです。

このランナーですが、ランナーとは反対の方向(親株側)に実がなるので、丸形の鉢に円になるように苗を植えるときは、ランナーが内向きになるように植えます。そうすると、鉢の外側に垂れるように実をつけることができます。

横長のプランターはランナー側を北側にし、ランナーと反対側を南向きに設置すれば、花や実に陽があたるようになります。

拡大する

左の赤丸部分がクラウン、右の赤丸部分がランナー(LIMO編集部)