車は新車でしか買わない、という方も多いと思います。ですが、このところの世界的な自動車減産の情勢から、欲しいけれど納期が長くて悩んでいる方もいらっしゃるはず。

国産であっても納車まで3カ月以上かかる車が増えてきていますが、これが外国車となるとさらに納期が長くなりますから、購入を検討している場合は契約から納車まで相当長い期間を待つことになります。

そんな状況ではちょっと視点を変えてみるのも一つの方法。そこで今回は、外国車を購入する際のポイントを確認していきます。

続きを読む

新車で買おうとすると納期が長い

国産車であれば車が完成したら1カ月以内に納車されるのが一般的ですが、外国車の場合は完成後に船積みされ、日本に着いても所定の手続きを経て納車となるという流れであるため、納期が非常に長くなります。

これは外国車購入の宿命とも言え、国産車しか乗ったことのない方は困惑するかもしれません。さらに最近の半導体不足の影響から、納期のさらなる長期化が問題となっています。

外国車を買うなら「高年式の中古車」を視野に入れる

たとえば、いま乗っている車が壊れた、来月が車検だからそれまでに新しい車が欲しい、しかも外車がいい、となると、短い納期で買える車は限られてきます。

一般的にディーラーでは在庫車として、ある程度売れる見込みの立ちそうなグレードや色、オプションを搭載した車を用意している場合もあります。しかし、それが自分の本当に欲しい車に合致するとは限りません。