宝くじより正夢に近い!? 東証1部のテンバガー(10倍株)銘柄とは【2016年版】

投資家の醍醐味、10倍株を探すには?

jointstar / Shutterstock.com

  • レストランや居酒屋を展開する「クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)」/48円→1,007円(21.0倍)
  • 医療機器商社「日本ライフライン (7575)」/136円→2,585円(19.0倍)
  • 不動産情報検索サイトの「ネクスト (2120)」/48円→801円(16.7倍)
  • 人材紹介の「ジェイエイシーリクルートメント (2124)」/79円→1,315円(16.6倍)
  • 建築・測量土木CADの「福井コンピュータホールディングス(9790)」/168円→2,569円(15.3倍)
  • 医療用データ管理システムなどの「ファインデックス(3649)」/64円→902円(14.1倍)
  • 介護・医療業界の人材紹介「エス・エム・エス (2175)」/203円→2,858円(14.1倍)
  • 企業間電子商取引プラットフォームの「インフォマート (2492)」/92円→1,164円(12.7倍)
  • 工場・工事用資材のネット通販「MonotaRO(3064)」/193円→2,443円(12.6倍)
  • 「サンフロンティア不動産 (8934)」/85円→983円(11.6倍)
  • ドラッグストア「薬王堂(3385)」/200円→2,214円(11.1倍)
  • 臨床試験受託の「リニカル (2183)」/124円→1,309円(10.6倍)

有名企業の中にも「テンバガー」が存在します。スバルの「富士重工業(7270)」は、435円→4,645円と10.7倍です。

注:いずれもカッコ内は証券コード、矢印の前の金額は2011年11月末の終値、後は16年11月末の終値

「テンバガー」はアーリーステージ狙いのほうが当たりやすい?

「テンバガー」銘柄を発掘するにはどうすればよいのでしょうか。やはり、値ごろなものを選ぶのが一つの方法でしょう。

東証1部の単純株価平均は約2,597円(16年11月末時点)です。これが10倍になることはなかなか難しいでしょう。日経平均が5年後に19万円になるのも現実的ではありません。

上記の「テンバガー」銘柄を見ると、いずれも5年前の株価は、数十円~200円程度と割安です。

スマホゲームの「ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)」の株価は、2011年11月に20円でした。それが13年5月末には1,300円と、65倍になりました。16年11月末には254円と、その勢いも失速した印象がありますが、それでも、20円で買っていれば「テンバガー」です。

「あのときヤフーやファーストリテイリングに投資していれば、今ごろは……」といった話もよく聞きます。新興市場も含め、アーリーステージのきらりと光る企業を見つけることが「テンバガー」への近道かもしれません。

 

下原 一晃

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。