ハイテク株に明るい兆し、日経平均は20,000円を伺うか

【東京株式市場】2016年12月20日

株式市場の振り返り-日銀の金融政策維持を受けて日経平均株価が再び高値更新

2016年12月20日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 19,494円(+102円、+0.5%)  反発
  • TOPIX 1,552.3(+3.3、+0.2%)  反発
  • 東証マザーズ総合指数 928.2(+8.2、+0.9%)  5日ぶり反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,230、値下がり銘柄数:626、変わらず:143
  • 値上がり業種数:19、値下がり業種数:14

東証1部の出来高は19億2,972万株、売買代金は2兆3,388億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。商いはやや低水準ですが、それでも、この時期としては例年よりは多めです。ただ、正午頃に日銀金融政策決定会合の結果(現状維持)が伝わった以降も商いは盛り上がらず、市場参加者の少なさを示したと言えます。

続きを読む

その中で、日経平均株価は+100円超の上昇となり、取引時間中には一時19,500円台を回復しました。再び年初来高値を更新です。日銀の金融政策維持に安心感が高まったのでしょうか。

大きな材料が乏しくなる21日(水)以降、約1年1か月ぶりの20,000円に迫る場面があるのか注目されます。なお、TOPIXも同様に反発となりました。

東証マザーズ総合指数は5日ぶり反発、商いは依然低調のまま

東証マザーズの出来高は4,384万株、売買代金919億円となりました。前日に比べて売買高は減少しましたが、売買代金はほぼ横這いです。引き続き商いが低調となる中、総合指数は5日ぶりの反発となり、900ポイントの大台割れが一旦回避された印象です。

新興市場は、早期に新興市場を盛り上げる物色テーマの登場が待たれますが、年内は難しいかもしれません。

自動車、電機、金融の主力3セクターが下落する中、半導体製造装置メーカーが高値更新

個別銘柄では、円安一服を受けてトヨタ自動車(7203)などの自動車株が値を下げ、特にヤマハ発動機(7272)が急落となりました。また、パナソニック(6752)やソニー(6758)など電機株も下落し、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など金融株も大幅続落となっています。東京電力ホールディングス(9501)も大きく値を下げて引けました。

一方、ローソン(2651)やファーストリテイリング(9983)など小売株が堅調に上昇しました。

また、アドバンテスト(6857)と東京エレクトロン(8035)がともに大幅上昇となり、年初来高値を更新です。ハイテク景気の先行指標となる半導体製造装置メーカーの株価上昇は、今後の電機セクターにとって明るい材料です。その他、値嵩株のキーエンス(6861)も年初来高値を付けました。

新興市場では、前日ストップ高だったアクセルマーク(3624)が連日の急騰となり、グローバルウェイ(3936)も大幅上昇となりました。医薬バイオ関連銘柄では、そーせいグループ(4565)が大きく値を上げて、総合指数上昇を牽引しています。

一方、Gunosy(6047)やJストリーム(4308)が急落し、ブランジスタ(6176)も冴えない値動きで引けました。

 

青山 諭志

ニュースレター

PR

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。