「好きなゲームを教えてほしい」任天堂の株主総会で投げかけられた質問に、取締役の皆さんはどう返答した?ツイッターでは「これが任天堂の強さ」「経営者の鑑」と大盛りあがり

copy URL

家庭用ゲーム機大手の任天堂が6月29日、第81期定時株主総会を開催。その際の質疑応答の内容がツイッターで話題になっています。

公開されたやり取りでは、業績予想における為替レートの算出についての質問や、eスポーツの今後、サプライチェーン・マネジメントにおける人権の問題など、内容は多岐にわたるものでしたが、特にツイッター民の興味をひいたのが、ある投資家から投げかけられた下記の質問。

任天堂の要職に就く方にはゲーム制作の技術がなかったとしても、せめてゲーム好きであってほしい。各取締役候補者の人となりを知るためにも、好きなゲームを教えてほしい。(第81期 定時株主総会 質疑応答PDFより引用)


任天堂の看板を背負うからには、仕事としてだけでなく、愛すべき対象としてゲームを見てほしい…そんな株主さんの心の声が聞こえてきそうですね。一方で、ゲームをどのくらい普段から愛でているのかは、数字の成績だけでは計り知ることができないもの。ごまかせない“踏み絵”として見ても、他のどの質問よりも厳しい内容に見えます。

懐かしのゲームが続々と…

それでは、特に話題となっている3名による返答を見ていきましょう。 まずは、取締役 専務執行役員である高橋伸也氏。「すべての自社ソフトの責任者ですので「これが好き」と選ぶのは、立場上難しい」としながらも、口から飛び出したのは『ふぁみこんむかし話 遊遊記』。1986年に発売され400万台以上を売り上げた懐かしの「ディスクシステム」向け名作のゲーム、突然の登場に、ツイッター民たちは「ディスクシステムへの愛情を感じました」「ふぁみこん遊遊記懐かしいw」と嬉しげ。

「実は一番遊んでいるのでは?」と思わされたのが取締役 上席執行役員の柴田聡氏の返答。最近クリアしたゲームとして2021年5月14日に発売の『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女』を、昔のゲームとして高橋氏と同じくディスクシステム向けゲーム『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』をチョイス。アドベンチャーゲームが好きという柴田氏の言葉を裏付ける選択が渋いですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。