ちょっと少ない国民年金「受取額を増やす」3つの方法

裏ワザその3・・・「iDeCo」に加入する

ポイント「自分で運用して年金を作る」

最後にご紹介するのは、iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)。自分自身で年金を準備するための制度です。

毎月の拠出額や加入条件は人によって異なりますが、iDeCoのメリットは以下の税制優遇措置といえます。

  • 掛金が全額所得控除の対象となる。これにより所得税や住民税が軽減される。
  • 運用益が非課税になる。通常運用で出た利益には約20%が課税されるが、iDeCoで運用して出た利益は非課税になる。
  • 受給年齢に到達した時に受け取る際にも所得控除が受けられる。

iDeCoのデメリットとしては、「開始年齢が遅くなると運用益が思うほど出ない」「原則60歳までは原則お金を引き出せない」などが挙げられます。

ただし後者については、強制的に「お金を貯めて増やす」ことに繋がるため、老後に向けたお金を準備する手段としては適しているといえるでしょう。

iDeCoの利用を検討される場合は、できるだけ若いうちに開始されることをおすすめします。

参考:iDeCo公式サイト

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。