一人暮らしのお菓子代は1ヶ月平均でいくらか【総務省のデータから知る】

お菓子代を節約するまでの3ステップ

総務省によると、単身世帯の菓子類に対する支出は2845円が平均であることがわかりました。自分のお菓子代はちょっと毎月高いかなと感じた人のために、ここからはお菓子代を節約する方法について紹介していきます。

自分1ヶ月のお菓子代を知る

1ヶ月にお菓子代がいくらかかっているかを把握しているでしょうか。まずは自分が1ヶ月でいくらお菓子代にかかっているかを知ることからはじめましょう。

家計簿をつけることをおすすめします。

家計簿はアプリがおすすめで、銀行やカードと連携できるものやレシートを写真に取れば自動で入力されるものもあります。自分に合った方法で家計簿をつけてみてください。

予算をたてる

1ヶ月のお菓子代を把握したら予算をたてましょう。予算をたてる際に注意して欲しいのが、他の生活費用との兼ね合いです。

全体のバランスを考えて予算をたてるようにしてください。

間食をなるべく控える

間食を全くしない必要がありませんが、控えることが節約できる一番の近道です。予算を立ててその範囲内で楽しめば問題ありませんが、予算内では今までのようにお菓子が食べられないという人は控えることをおすすめします。

まとめ

総務省のデータによると、単身世帯の菓子類に対する支出は2845円が平均であることがわかりました。

平均値は男性よりも女性の方が高くなる傾向にあります。

自分の性別や年齢と照らし合わせて、1ヶ月のお菓子代を改めて見直して見てはいかがでしょうか。

少しでも一人暮らしの参考になれば幸いです。

OneMile セミナー

参考資料

藤原 悠喜

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門学校を卒業後、印刷会社にてBtoB、キャリア代理店にてBtoCの営業を経験。その後、IT企業の営業職に従事。2年間の東日本と西日本を駆け回る生活を経て、「日本における働きがいのある会社」ランキングにもランクインしたベンチャーグループに入社。インサイドセールスを経験しながら、デジタル広告の運用を兼任した後、Webメディア立ち上げや運営に6年間従事。Webマーケティングが専門。現在は、LIMO編集部において、記事の執筆やコンテンツ作成を中心に行っている。映像音響処理技術者認定試験合格、舞台機構調整技能士3級、クレジットカードマニア、加熱式たばこ愛煙家