1000万円貯めた主婦が「家事」やめた⁉節約に繋がる3つの「や・め・た」

育児や家事、そしてパートなど、主婦は毎日とても忙しいもの。コロナ禍で家計の厳しさが叫ばれる中、家計を回していくだけで一苦労という人も少なくないですよね。

厚生労働省が取りまとめている「国民生活基礎調査」は3年毎に大規模調査を実施していますが、2019年調査内の「各種世帯の所得等の状況」によると、平成30年の「児童のいる世帯」の平均貯蓄は723万8千円であるそうです。さらに、そのうち約21%は貯蓄が1000万円を越えていることが分かります。子育てしながら1000万円以上貯金している人が5人に1人はいるということです。

今回は、そんな1000万円貯蓄した主婦たちも実践する3つの「やめた」に注目。日頃の負担を軽減しながら、しっかり節約につなげるテクニックをご紹介します。

「コーディネート」をやめた

「すぐサイズアウトする子ども服は数枚の組み合わせでシーズンを乗り切っていることに気づき、自分もこれで回せるのではと気づいたのがきっかけです。服の組み合わせが単純化されたのでコーデの手間がなくなっただけではなく、くたびれたら買い替えるというルーティンになって、似合わない服を買ってしまう失敗もなくなりました」(Rさん・37歳)

クローゼットがパンパンなのに着る服がない、という悩みを持つ方は少なくありません。そんなときは、本当に似合う服・気に入っている服・着心地のいい服をクローゼットから選び取り、「スタメンだけのクローゼット」をつくってみましょう。意外とそれだけでも着回しに困らないことに気づくはずです。ほぼ着ていないのにクリーニングに出していたコートやデザインがしっくりこなくなった服は、これを機に手放してもいいでしょう。

「自分のお気に入りが分かったので、流行に乗ってとりあえず買ってみようという欲も減ってきました。かつては服だけで1シーズンごとに数万円使っていましたが、今は年間で2万円以下におさまっています」(Rさん)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。