「預貯金ゼロの60代」老後破産をどう避けるのか

~「2000万円」でも足りない現実~

健康をキープ!年金繰下げ受給と働くことでカバー

では60代で金融資産をほとんど保有していない方の場合、どのように老後を迎えればよいのでしょうか。

お金のかかる介護状態にならない

まずは非常に単純ですが、最もお金のかかる「要介護状態」にならないのが一番です。

健康に配慮し、徹底的に介護予防に努めます。

年金の「繰下げ受給」で年金額を増やす

とはいえ先ほどもお伝えしたとおり、多くの方は要介護状態になってしまいます。

そこで受取る年金額を増やす工夫を考えてみます。

「繰下げ受給」という言葉を聞かれたことがあるかと思います。

これは原則65歳からの年金支給開始時期を「最長70歳」まで遅らせ、将来受取る年金額を増やすという方法です。
70歳まで遅らせると、将来受取る年金額を42.0%増やすことが可能になります。

老後の蓄えが少ない場合、この繰下げ受給は是非とも検討していただきたいところです。

できるだけ長く働いて現金収入をキープ

預貯金がない上、年金の支給開始時期を遅らせるのであれば、生活のため、収入源を確保する必要があります。
健康を維持し、できるだけ長く働き、現金収入をキープすることが重要です。

まとめ

60代で2,000万円の金融資産があっても、要介護状態になることを考えると安心するわけにはいきません。
それ以下の貯蓄額であればなおさらです。

1にも2にも健康に気をつかい、できるだけ長く元気で働き、年金支給開始時期の繰下げを検討することをおすすめします。

OneMile セミナー

参考資料

アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)/JSA認定ソムリエ/元歌舞伎役者 杉浦 直樹

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
杉浦 直樹
  • 杉浦 直樹
  • アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)/JSA認定ソムリエ/元歌舞伎役者

元歌舞伎役者・ファイナンシャル プランナー・ソムリエという異色の経歴を持つ。大学卒業後、広告代理店制作部のコピーライターとして職に就くも一転、人間国宝四世中村雀右衛門に入門。15年間歌舞伎座・国立劇場などの舞台に立つ。役者時代の芸名は、大谷友三郎(おおたにともざぶろう)・中村京子郎(なかむらきょうしろう)。プジョーシトロエンジャポン入社後、シトロエン新車販売で日本一のセールス成績を3回おさめる。のちソニー生命保険株式会社にスカウトされ入社。AFP・住宅ローンアドバイザーの資格を取得、家計コンサルティングをしながら生命保険・損害保険を販売。その後JSA認定ソムリエの資格を取得。ソムリエ兼支配人として、東京広尾のブルゴーニュとシャンパーニュの古酒専門フレンチレストラン「レヴェレンス」を運営(~2018年)。