「100年生きたら」ねんきん以外にお金はどのくらい必要か

LeManna/shutterstock.com

100年生きた場合、年金以外のお金って、どのくらい必要になのでしょうか。みなさんは考えたこと、ありますか?

日本人の平均寿命は右肩上がりで伸びています。厚生労働省公表の「令和元年(2019年)簡易生命表」によると、男性は81.41年、女性は87.75年。

医療技術の進歩などにより、今後ますます長寿社会になると言われるこんにち。「人生100年時代」が一歩一歩近づきつつあります。

そこで今日は、「人生100年時代」を目前に控えた私たちの老後のお金について考えていきましょう。

続きを読む

老後の生活費はどれくらいかかるの?

最近総務省が公表した「家計調査報告(家計収支編)2020年(令和2年)二人以上の世帯」では、こんなデータが示されています。

「夫65歳以上、妻60歳以上で構成する夫婦一組の世帯(無職世帯)の家計」

毎月の年金収入:21万6574円

毎月の支出:25万9304円
内訳 

  • 食費…6万6131円
  • 住居…1万4224円
  • 光熱・水道…1万9810円
  • 家具・家事用品…1万453円
  • 被服及び履物…4789円
  • 保健医療…1万6158円
  • 交通・通信…2万8475円
  • 教養・娯楽…2万155円
  • その他:4万7149円
  • 非消費支出:3万1957円

「住居費用」の1万4224円は、若い世代から見ると若干少なめに見えるかもしれませんね。これは、「高齢夫婦世帯のほとんどが自分の持ち家に住んでおり、家賃が発生しないから」です。

とはいえ、「老後も引き続き賃貸派」という人も多くいらっしゃるでしょう。その場合は、この支出額に「家賃分の金額」を毎月上乗せする必要がありますね。

たとえば、仮に毎月の家賃が10万円だった場合、毎月の支出は35万9304円になります。年金暮らしで毎月35万円の支出は決して軽くはない負担といえるでしょう。

さて、公的年金だけで老後は生き抜けそうでしょうか・・・

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。