車検証の「ここだけは見た方が良い」ところ4選

LightField Studios/shutterstock.com

車を持っている人なら一度は見たことがある「自動車検査証(車検証)」。多くの人は車を購入したときの納車時に、車屋さんからさらっと説明を受けたくらいにしか記憶がないかもしれません。

最近では、ネットで加入するダイレクト型の自動車保険の契約や更新時に車検証を見るという人もいるでしょう。実際は、まじまじと車検証を見てどういったことが書いてあるのか、どういう見方をすれば良いのか分かっている人は少ないかもしれませんね。

続きを読む

今回は、なかなか見ない車検証をじっくりと見て、どのようなことが書いてあるのかを再確認してみましょう。

車検証ってどういうもの?

車検証はどういうもので、どういう事柄が記載されているのでしょうか。

そう聞かれるとぼんやりと「車の所有者の情報とか、有効期限が書いてあるもの」というイメージが出てくるかもしれません。だいたいの場合はこのイメージでOKです。

これに加えて車検証には、車の所有者や車の情報が記載されていて、公道を走行するうえで常に車内に備えておかなければならないもの。と、覚えておけばほぼ問題はありません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身も2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)資格を保有。記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。Twitter:宇野源一(げんげん)