【第一印象】任天堂の新・ゲーム専用機Nintendo Switchの評価点を解説

Barone Firenze / Shutterstock.com

任天堂の新しい据え置き型(コンソール型)ゲーム専用機である"Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)"が、2016年10月20日に同社のウェブサイトで初めて公開されました。プロモーション動画を見る限りでは「屋外にも持ち出せる据え置き型ゲーム機」という印象です。限られた情報からではありますが、今後の注目点についてまとめてみました。

持ち運び可能な据え置き型ゲーム機

任天堂が訴えかけたいことをプロモーション動画から紐解くと、今回のニンテンドースイッチは「屋外にも持ち出せる据え置き型ゲーム機」だと言えます。スマホを屋外で使用するのは当然ですが、据え置き型ゲーム機を屋外で使用するという提案です。

続きを読む

ではスマホゲームと何が違うのか、というツッコミも来ると思います。スマホゲームとの最大の違いは、入力におけるユーザーインターフェスです。スマホではタッチパネルの入力インターフェースを使用しますが、ニンテンドースイッチでは"Joy-Con(ジョイコン)"を採用することで、屋外でもスティック、A/B、X/Y、上下左右ボタンを使用することが可能です。

加えて、ジョイコンを左右で着脱可能で、スィッチが2台あれば合計4人で遊ぶことも可能なようです(任天堂サイトの動画ご参照)。屋外で据え置き型ゲームを楽しむことができるという斬新な提案です。

スィッチの機能や部品

屋内で使用するために、"Nintendo Switch Console(ニンテンドースイッチ コンソール)"と"Nintendo Switch Dock(ドック)"が用意されています。

屋外に持ち出すためにパネル(画面)も用意されています。パネルについては、何インチなのか、パネルモジュールは液晶なのか有機ELなのかは開示情報だけではわかりません。プロモーション動画では、結構軽そうに持ち運びしているのはやや気になるところです。

ゲームカードも使用できるようです。メモリカードのようにも見えますが、"Nintendo 3DS"等と互換性などがあるかどうかも今後議論されるポイントになるかもしれません。

上述のジョイコンは左右ともにあり、それぞれ着脱可能です。それらを結合するために"Joy-Con Grip(ジョイコン グリップ)"が用意されています。また、別にプロコントローラーも使用可能のようです。

グラフィックチップに関しては、米国NVIDIA(エヌビディア)よりプレスリリースもされており、カスタマイズされたTegraプロセッサーが搭載されています。

発売日は2017年3月

このスケジュールはこれまでと変更がありませんが、やはり2016年のクリスマス商戦を外しているということは、大きな商機を2017年末にまで持ち越すことになり、もったいないという印象はぬぐえません。もちろん、開発スケジュールや部品調達面などで調整がつかなかったということも関係しているのかもしれませんが、ユーザーからすれば残念です。

もっとも、今年のクリスマス商戦に間に合うというのであればソニーのVR機と一部カニバリゼーションもあったのかもしれません。

パートナー企業からコンテンツを考える

発表されている主なパートナー企業は、Activision、バンダイナムコ、カプコン、EA、ガンホー、コナミ、Level 5、セガ、スクウェア・エニックス、ワーナーブラザーズ、レコチョク、DeNAなどで、任天堂とこれまでソフトで関係のあった会社をはじめ、音楽や映画などもコンテンツとしてどのような取り組みをしてくるのかが注目されます。

今後の注目ポイント

今後注目されるのは、発売と同時にどのようなタイトルが用意されているのか、価格はいくらなのか、スマホゲームとの違いをどこまで打ち出せるかなのどのポイントかと思います。

これまでの据え置き型ゲームは、屋内で1人、あるいは家族や友人と楽しむというシチュエーションが中心でしたが、今後は屋外で据え置き型ゲームを楽しむ利用シーンをどこまで訴求できるかが焦点となってきます。

泉田 良輔

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
泉田 良輔
  • 泉田 良輔
  • 証券アナリスト/経営者/元機関投資家

2013年に株式会社ナビゲータープラットフォーム(ナビプラ)をシティグループ証券出身の証券アナリストであった原田慎司らとともに創業。ナビプラでは個人投資家のための金融経済メディア「Longine(ロンジン)」を立ち上げ、編集長に就任。大学卒業後、日本生命・国際投資部では外国株式ファンドマネジャー、その後フィデリティ投信・調査部や運用部にてテクノロジーセクター証券アナリストや小型株ファンドのアシスタント・ポートフォリオ・マネージャー。慶応義塾大学商学部及び同大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修了(研究科最優秀賞)。著書に『テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図』『銀行はこれからどうなるのか』『Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない』『日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか』。また「日経BizGate」での連載「泉田良輔の新・産業鳥瞰図」「現代ビジネス」「東洋経済オンライン」「プレジデント」などへの寄稿や対談「米独に遅れる日本の自動運転、自動車も電機の二の舞に?(週刊ダイヤモンド)」も多数。海外ジャーナリストからインタビューされることも多く、Financial TimesThe EconomistBloombergにおいて自動車や金融業界についての国内外産業動向コメントも発信している。動画での情報発信も盛んに行っており、NewsPicksのTHE UPDATEに数多く出演。東京工業大学大学院非常勤講師としてエネルギー政策・経済特別講義を2016年度から行う。日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA) Blog:「泉田良輔の考え」 Twitter: @IzumX