今年の決算期はスピード重視!「新車商談」をお得に進めるコツ

FabrikaSimf/shutterstock.com

日本企業における決算期は多くの企業で3月に行われます。自動車販売業界も例外なく、3月が決算期となり、2020年度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり販売不振が続いたことから、最後の追い込みで例年よりも値引き額が大きい状態で車を購入することができる可能性があります。

特に最近はリモートワークの普及などによって都心から郊外へ転居したという方もいると思いますが、郊外に行くと自動車のニーズが高まってきているはずです。

続きを読む

また今年は別の要因で決算期の新車商談に影響が出てくることも明らかになっています。そこで今記事では、コロナ禍の2021年3月決算期にお得に新車を購入するための攻略法を紹介していきます。

部品不足の影響

大前提として、2021年の決算期は少しばかり特殊であるということを覚えておかなければなりません。第一の要因としては、COVID-19が世界中で拡大していることによる部品不足です。

現在の国産車に使われている部品の大半は海外製。最近は回復してきていますが、影響が完全になくなったとはいい切れず、まだ部品の供給に影響が残っています。これにより車両の生産納期が通常よりも長期化しています。

通常だと1カ月で生産できる車だとしても、部品不足や感染拡大防止のために工場の人員を抑制していることなどの影響により、1.5倍から2倍以上の納期になってしまうことも十分に考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身も2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)資格を保有。記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。Twitter:宇野源一(げんげん)