つみたてニーサは「やらない」より「やるべき」、4つの理由

Aleksei Morozov/iStock

つみたてニーサを始める人が増えています。

つみたてニーサの口座開設数は、2018年にスタートして以来、2020年9月末時点で274万5490口座にのぼります。

年代別に見てみると、30歳代が最も多く、次に40歳代、20歳代となっています。

一般ニーサは60歳代から70歳代が最も多いことをみても、つみたてニーサは働く世代に積極的に利用されていることがわかります。

皆さんの中には、まだつみたてニーサを始めていないという人はどれくらいいるでしょうか。

続きを読む

私は大学卒業後、信用金庫での勤務経験があり、FPの資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、多くの方のファイナンシャルプランニングに関わってきました。

そこで今回は、つみたてニーサをやるべき4つの理由について、ご紹介したいと思います。

つみたてニーサおすすめポイント1:少額から投資がスタートできる

つみたてニーサ(NISA)とは、少額投資非課税制度を指し、毎年40万円の非課税投資枠内で投資された所定の投資信託について、最長20年間利益・分配金にかかる税金が非課税となる制度です。

投資信託の買付は毎月積立に限られているため、都度購入は対象となりません。

毎月いくらから積立ができるかは、金融機関によって異なりますが、毎月100円からスタートできる証券会社もあるようです。

ひと昔前だと、株式投資や不動産投資など、投資を行うには、まとまった資金がないとできないという印象がありました。しかし最近では、少額から気軽に始められるようになったのは嬉しいことです。

「今まで投資をしたことがないから不安だけど、将来のために投資を学びたい」という人もいるでしょう。

つみたてニーサは少額から投資デビューができるため、投資を始めやすい点においては大きなメリットになるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。