「鬼滅の刃」はノベライズも爆売れ。本を読まない子も夢中に

Ned Snowman / Shutterstock.com

新型コロナウイルス対策に明け暮れた2020年。明るい話題が少なかった中で、最も注目を浴びたのは「鬼滅の刃」ブームでしょう。

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、不滅の大記録と思われていた「千と千尋の神隠し」の興行収入を驚異的な勢いで追い抜いたのも記憶に新しいところです。

映画だけでなく、書籍売り上げでも鬼滅の刃に人気が集中。出版不況と言われて久しいですが、それを吹き飛ばすような勢いで、漫画のみならずノベライズ版(小説化)も大ベストセラーとなっています。

続きを読む

ベスト5に3冊がランクインの快挙

日本出版販売株式会社が発表した2020年間ベストセラー(集計期間:2019年1月24日~2020年11月23日)の総合ランキングによると、5位以内に3冊の鬼滅の刃ノベライズ(原作 吾峠呼世晴/小説 矢島綾)がランクインしています。

1位が初のノベライズ『鬼滅の刃 しあわせの花』、2位が第2弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』、また第3弾『鬼滅の刃 風の道しるべ』も4位に入るなど、鬼滅の刃パワーは本の世界をも席巻した形です。

同社が行っている近年の年間ランキングの結果をみても、漫画やアニメのノベライズが総合ランキングトップ10に入ってはいません。それだけ、2020年は鬼滅人気が爆発した年といえるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手学習塾で講師を6年間務める。塾講師と自らの子育ての経験を元に教育関連の記事を執筆するほか、個人ブログ「透明教育ママ見参!!」やYouTubeチャンネル「透明教育ママ 中山まち子」で情報発信をしている。「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか、「アーバン ライフ メトロ」「アクセス進学」に連載中。