職場で修羅場…3人の会社員が見た”ちょっと引く”事件

新型コロナ第3波の中でのお正月、みなさんはどう過ごされましたか? 政府による年末年始休暇の分散取得の要請で、有給休暇の取得を促した企業もあったようですが、そろそろ今年の仕事が本格的に始まったのではないでしょうか。

そんな職場は1日の多くの時間を費やす場所。もはや一つの生活の場ともいえるオフィスですから、さまざまな出来事が身の回りで起こるもの。中には「まさか」とも思えるような事件が起こることもあるようです。そこで今回は、働くアラサー男女が目撃した職場での修羅場について紹介します。

続きを読む

事件① 取引先の女性に手を出した男性社員

「うちの会社の営業に、大事な客先の女性社員に手を出して訴えられ、取引を切られて大きな損害を会社に与えた人がいた」と話すのは、建材メーカー勤務の30代男性Bさんです。

「その営業マンは、大きな取引先を抱えているということで図に乗っているタイプ。自分のことをイケてると思っている節があり、女性社員からは密かに嫌われていた。でも、本人はそれに気づかなくて、女性社員になれなれしく振舞っていた。そういう性格だから別に驚きはしなかったけれど、取引先の女性社員に対して結構しつこく付きまとったらしい」のだそう。セクハラは社内だけの問題ではありませんね。

「結果的に相手の女性社員が自社内の上司に報告して、それが役員に伝わり、相手の役員が怒ってウチに電話してきた。営業部長が電話対応していたが、相手の怒りは尋常じゃなかったらしい。なんでも相手の上司は外資系出身らしくて、セクハラにはかなり厳しい人。営業担当だった男性社員は早々に営業担当をはずされたが、それだけではなく『御社の商品を取り扱うのはやめる』と通告されてしまった」と言います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。