来年こそ「貯金がデキる女性」になるために、知っておくべき3カ条。

Pcess609/shutterstock.com

決してお金づかいが荒いわけではないのに、なぜかお金が貯まらない・・・。

そんな人は知らず知らずのうちに「貯金がヘタな人の行動」をとっている可能性があります。

お金がなかなか増えないことに人知れず悩んでいる女性は少なくないでしょう。そんなみなさんに向けて、今回は「貯金がデキる女性」になるために、ぜひ知っておいていただきたい3つのことをお伝えしていきます。

買い物は毎月「定額制」に

お金を上手に貯めるコツとして最初にオススメしたいのが、出費の金額を「決まった額」におさめる習慣。

続きを読む

これは、毎月4万円は食費、1万円は洗剤やシャンプーといった日用品・雑貨などに、毎月2万円は外食を含めたレジャー費に・・・といった具合に、「何に」「いくらまで」使うかを決めておくのです。

「なーんだ、そんなの簡単!」と感じた人も多いかもしれませんが、この「決まった額におさめる」というルールをきちんと守っていくことは、結構難しかったりします。

貯金ができない人の傾向として、計画(予算)を決めてもそれを守れないことが多い、という点がみられるようです。予算オーバーするたびに「来月は出費を減らして挽回する!」という展開になりますが、まあ、たいていの場合、挽回できません。

この積み重ねが貯蓄へのモチベーションを下げ、結果的に「お金が貯まらない」状態にに繋がるわけです。

たとえば、日用品などはAmazon定期便などでまとめて購入、食材はコープなどの宅配サービスを利用して届いた食材の中でやりくりをする、といった方法で、決まった額におさめることができる「仕組み」を作っていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。