知らず知らず出費もカロリーも多くなる!? コンビニスイーツの「自分へのご褒美」

「コンビニのスイーツやコーヒーが日々の自分へのご褒美」という方も多いのでは? 日々の仕事や家事、育児に疲れたとき、自分の生活圏内ですぐにご褒美が手に入れられるのはありがたいものです。

その一方で、手軽過ぎるゆえ「頻繁に買い過ぎて出費が増えた」「スイーツに求めるレベルが上がってしまった」という悩みも。今回は、アンケート調査の結果も含めながら「自分へのご褒美」について考えます。

「自分へのご褒美」で虚しい気持ちに!?

続きを読む

次々と新作が出てくるコンビニスイーツ。SNSやネットの記事では新作スイーツのレビューも多く、目新しくおいしそうなスイーツを見ながら「明日は絶対これを食べる!」と意気込んでしまうものです。

ところが新製品は数多く出るので、これを繰り返すと自分へのご褒美の頻度も気付かぬうちに増えてしまいます。ほんとうなら「週末」や「いつもより頑張った日や疲れた日」だけでいいはずなのに、週に2~3回、いや4回、5回と増えてしまう…なんてこと、身に覚えがありませんか?

ご褒美級のスイーツは、お値段も高め。安いものなら1個150円前後から、高いものだと300円オーバー級も。たとえば200円前後のご褒美スイーツを週に3~4回買えば、それだけで600~800円に。月に換算すると約3000円にもなるのです。

加えて、ご褒美の頻度が多いと、スイーツに望むレベルも上がります。はじめは「シュークリームやエクレア」が自分へのご褒美だったものの、今では「カップケーキやロールケーキ級でないとご褒美として満足できない」とレベルアップ。当然お値段も、カロリーも上がってしまいます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

都内在住。専門は夫婦関係とモラル・ハラスメント。子ども2人と愛猫が日々の癒し。