不妊治療支援のあすか製薬が5日連続の年初来高値更新! 日経平均株価は続落 【東京株式市場】 2020年12月7日

copy URL

東証マザーズ株価指数は3日続落、売買代金は3日連続で2,000億円を下回る

東証マザーズの出来高は7,793万株、売買代金は1,552億円となり、いずれも先週末より減少しました。

売買代金は158日連続で1,000億円を超えましたが、3日連続で2,000億円を下回っており、個人投資家の様子見スタンスがいっそう強まったようです。

また、来週からのIPOに備えた換金売りに押された結果、株価指数は▲4%超安の大幅下落で安値引けとなり、終値で再び1,200ポイントを大きく割り込みました。

「鬼滅の刃」好調でも東宝は7日続落、商社株が買われて伊藤忠商事が年初来高値更新

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • 東京エレクトロン(8035)
  • 中外製薬(4519)
  • コナミホールディングス(9766)

ハイテク株では、世界的な半導体需要の高まりを背景に関連銘柄が引き続き買われ、アドバンテスト(6857)とルネサスエレクトロニクス(6723)が年初来高値を更新し、先週末に急落した東京エレクトロンも反発しました。

また、相場のテーマの1つになっているEV(電気自動車)関連は高安まちまちでしたが、自動車部品最大手のデンソー(6902)が値を上げて連日の年初来高値更新となっています。

さらに、医薬品株では菅政権の目玉政策の1つである不妊治療支援が加速する期待感で、あすか製薬(4514)が怒涛の8連騰で5日連続の年初来高値更新となりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。