日経平均は一時26,000円台、ワクチン接種開始でさらに上昇期待も

【日経平均株価】テクニカル分析 2020年11月23日

大幅上昇の反動や利益確定売りもあるが、上昇機運は高まる

2020年11月20日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より前日比106円97銭安の25,527円37銭となりました。3日続落ですが、下げ幅は大きくありませんでした。前週末と比較しても上昇しています。

新型コロナウイルスのワクチン開発への期待から、国内外ともに株高傾向になっています。日経平均も週初から上昇。16日(月)に前週末比で521円高となると、17日(火)にはさらに上昇し、終値ベースで26,014円62銭と、1991年5月以来、29年ぶりに26,000円台を回復しました。

続きを読む

ただし、その後は高値圏での利益確定売りなども出て、週末には25,500円台となりました。

今週の動きはどうなるでしょうか。米製薬大手ファイザーが米食品医薬品局(FDA)にワクチンの緊急使用許可を申請し、12月中旬にも接種が始まると期待されています。その一方で、欧米では新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかりません。

米国でのコロナの1日あたりの新規感染者数は過去最高水準が続いています。州によっては夜間外出禁止令も出ています。この状態が続くと、経済活動再開もままなりません。これらの動きを受けて、20日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は前日比219ドル75セント安の29,263ドル48セントと大きく下落しました。

心配されるのは、日本国内でも感染者数が増えていることです。11月22日の国内の新規感染者数は2,168人と発表され、5日連続で2,000人を超えています。日本株は足元では高値圏にあることから、利益確定なども出やすく、週初から売られる展開になることも考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。