2020年冬ボーナス、公務員は72万円の見通し。会社員はどれくらいになる?

会社員のボーナス、マイナスでもリーマンショックほどではない

みずほ総合研究所では、民間会社員の一人当たりボーナス支給額は前年比7.5%減の36万189円と予測しています。確かに大幅なマイナスとなっていますが、リーマンショック後の2009年夏(同9.8%減)ほどではない、との見通しを発表しました。

大幅マイナスの理由としては、所定内給与(11月~1月平均)は同0.2%増と、2019年冬(同0.4%増)に比べて伸びが鈍化すること。そして、経常利益計画の宿泊・飲食サービス業と対個人サービス業の下期の赤字予測から、支給月数の調整圧力が強まり、前年差0.07カ月減の1.02カ月となると予測していることを挙げています。

ちなみに、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの「2020年冬のボーナス見通し」によると、民間企業(調査産業計・事業所規模5人以上)の2020年冬のボーナスは、一人当たり平均支給額が同10.7%減の34万7,806円と推計されています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。