バイデン氏優勢が報じられる中、日経平均は大幅に上昇

2020年11月6日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より219円95銭高の24,325円23銭となりました。4日続伸で、終値では約29年ぶりとなる高値を付けました。なお、2年前の2018年10月2日のザラバでは24,448円を付けています。

米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が優勢となっていることを受けて、イベント通過の安心感から投資家が買いに回りました。一方、共和党のトランプ大統領も事前予想に反して票を伸ばし、一時は再選もあるのではないかという大接戦になりました。

続きを読む

バイデン氏が法人税の増税を行うと見られていることから、当初はバイデン氏が当選した場合は調整気味になるのではないかとも言われていました。しかし、実際には開票の不透明感が和らいだと好感される動きとなりました。

今週の動きはどうなるでしょうか。6日のダウ工業株30種平均は5日ぶりに反落しました。過去4日間で1,888ドルも上昇していたため、利益確定売りが出た形です。日経平均もこの1週間で1,348円あまり上昇しています。週初は短期的な調整になるかもしれません。

バイデン氏は現地時間の7日夜、勝利宣言を行いました。ただ、大統領選と同日に行われた連邦議会選で、下院は民主党が過半数の議席を維持する見通しですが、上院は共和党が過半数の「ねじれ」議会になる可能性もあると見られています。

これが株式相場にどのような材料になるのか判断が難しいところですが、多くの投資家は、民主党が掲げる法人税の引き上げ、医療保険改革などの政策が抑制されると見たようです。

ただし、「ねじれ」議会になると、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう経済対策などの財政政策なども迅速に打ち出せなくなるわけですから、必ずしも「ねじれ」=株高になるとは限りません。