日経平均24,000円台回復の期待も。米大統領選の混迷で方向感が掴みにくい展開

【日経平均株価】テクニカル分析 2020年10月11日

トランプ氏早期復帰で、再び株が買われる展開へ

2020年10月9日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より27円38銭安の23,619円69銭となりました。

前週は米トランプ大統領の新型コロナウイルス感染などを受け、米株、日本株ともに大きく値を下げました。しかし、先週に入ると5日にはトランプ氏が早くも退院すると伝わり、投資家の不安が後退。日経平均も週初から反発しました。

その後、トランプ氏が追加の経済対策などに言及すると米株が上昇。日本株も連れ高となり、8日・9日には一時23,700円台に乗せる場面もありました。

続きを読む

今週の動きはどうなるでしょうか。注目すべきはやはり米大統領選の行方です。トランプ氏のコロナ感染が発表された時点では、政府機能の不全、さらにはバイデン氏の勝利を予想する声が多数起こりました。バイデン氏は増税政策を掲げていることから、株が売られる展開となりました。

しかし、トランプ氏が早期に復帰したことで、また展開が読めなくなってきました。現状の世論調査ではバイデン氏有利とも言われていますが、自身のコロナからの復活を「強いアメリカ」になぞらえてアピールするトランプ氏の逆転もあり得ます。

9日の米株式相場は3日続伸し、ダウ工業株30種平均は前日比161ドル39セント高の28,586ドル90セントで終えました。9月2日以来ほぼ1カ月ぶりの高値となっています。日本株も週初から買われる展開になることが期待されます。

ただし足元で為替相場がやや円高方向に動いているため、輸出関連株などの値動きには注意が必要です。ちなみに、バイデン氏優位の場合には、円安・ドル高になると予想されています。いずれにしても、しばらくは方向感が出しにくい動きになりそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。