みんなの年齢別の平均給料はどれくらい?(2019年)

男性の年齢別平均給与

19歳以下:160万円
20~24歳:278万円
25~29歳:403万円
30~34歳:470万円
35~39歳:529万円
40~44歳:582万円
45~49歳:629万円
50~54歳:679万円
55~59歳:686万円
60~64歳:522万円
65~69歳:406万円
70歳以上:343万円
全体平均:540万円

女性の年齢別平均

19歳以下:111万円
20~24歳:248万円
25~29歳:328万円
30~34歳:321万円
35~39歳:313万円
40~44歳:318万円
45~49歳:324万円
50~54歳:320万円
55~59歳:301万円
60~64歳:254万円
65~69歳:211万円
70歳以上:205万円
全体平均:296万円

もっとも高いのは、男性だと55~59歳です。女性だと25~29歳です。男性は60歳に達するまでは順調に平均給与が高くなっていますが、女性は20代後半をピークに減少しています。とはいえ、その減少は緩やかで、30代でも300万円以上をキープしています。

非正規の平均給与減少…

2019年の民間の会社員の平均給与は、前年比で減少してしまいました。とくに非正規の平均給与が前年比2.5%減というのは、大きいですね。しかし一般的に非正規の多くを占める女性の平均給与は上がっています。働く女性も増加傾向にあります。これは「共働きでないとやっていけない」家庭が増えた結果なのか、女性の社会進出が進んでいる表れなのか。今後も注目していきたいです。

参考

「令和元年分(2019年)分民間給与実態統計調査」国税庁

尾藤 ちよ子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。