チンチラベビーの人工授乳が一段落。ホッとした隙に泥棒あらわる ⁈【チンチライフ67話】

【マンガ記事】チンチライフ!

 

 
 

漫画家の祭さんは、おみくじちゃんとあみだちゃん(たぶん♂)というチンチラの母子、そしてデグーの棟梁ちゃんと一緒に生活しています。おっぱいがうまく出ないおみくじちゃんをサポートするために、祭さんが4時間おきの人工授乳をするようになって1週間。あみだちゃんの体重も順調に増え始め、おみくじちゃんも授乳のコツをつかんできたことから、そろそろ人工保育はやめて、100%母乳に切り替えることにしました。

おみくじちゃんたちをケージに戻し、入れ替わりにデグーの棟梁ちゃんをお散歩に出した後、祭さんは、ここ数日間を振り返って、「は~、寝る間もなく、授乳って疲れるな~。あ、でもこれ人間のお母さんたちはもっと大変なのよね…。」などと、つらつら考えてしまいます。しかし、いったんケージ内にいるあみだちゃんの姿が目に入るや否や、そんな苦労はどこへやら。「ああっ、でもこのぷりっぷりのお尻はいつまでも見ていられるわぁ~」と、もうデレデレ。

しばらく、そのままあみだちゃんの姿を堪能していた祭さん。ふと「…そういえば、なんか棟梁が静かだな。」と気づきます。散歩中はいつも、あちこち走り回って賑やかなのに…。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 漫画家、イラストレーター

漫画家兼イラストレーター。

webサイトcakesにて、レシピエッセイ「瀕死飯」、オタクによるオタクの為の漫画「オタク飯!」を連載中。

Twitter:@hohoho09261
単行本「瀕死飯」(幻冬舎)、【マンガ記事】チンチライフ!まとめ