「手作りは安い」呪縛に陥ってない?気をつけたい「食費節約アイデア」5選

2.安さ重視の献立

食費は節約アイデアが豊富で、工夫次第ではだいぶ出費をおさえられるポイントでもあります。もやしや納豆などの比較的価格が安い食品を中心とした献立にすれば、食費はおさえることができますよね。

しかし、そのような安い食品ばかりを使った献立が毎日続くと、節約にはつながっても少しずつストレスがたまってしまったり栄養バランスが偏ったりしてしまいます。

そのため、もちろん食費を節約することも重要ではありますが、ストレスをためないようにすることも忘れてはなりません。節約ばかりに気を取られるのではなく、心の負担にならないよう食費を節約できるようなアイデアを実践することが大切です。

また、旬の食材は安く食費を節約するうえで便利なので、そういったものも取り入れながら上手く節約していきましょう。

3.特売日を狙った買い物

特売日を狙った食費節約アイデアにも注意が必要です。なぜなら、特売日は食材が安いからといって予定にはなかったものを「あれもこれも」と買ってしまうことが考えられるからです。

安いときにたくさん買うのは間違っているわけではありませんが、食品には期限があり、余らせてしまったら捨ててしまうため無駄な出費となる可能性も

そのため、もし特売日を狙った食費節約アイデアを実践するのであれば、決めたものだけを買うことを意識するといいでしょう。また、特売日だと人で混み、目的のものをゲットできるか不安なこともあります。そのため、あえて特売日を狙わずに値引きシールが貼られる時間などを狙った節約アイデアに切り替えるのもおすすめです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

栄養学や教職を学んだ後資格を取り、現在は家族の介護をしながら活動中です。誰でも簡単に実践できる生活テクニックや家事テクニック、リーズナブルなアイテムを上手く活用した収納アイデアなど、日々の生活の中で役に立つ情報をご紹介します。将来のことを考え、お金についても関心があり地道に勉強中です。