最高値更新の米ナスダックとS&P、日本株も連れ高期待

【日経平均株価】テクニカル分析 2020年8月23日

日経平均は23,000円付近で上値が重い展開

2020年8月21日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より39円68銭高の22,920円30銭となりました。

先週17日に内閣府から2020年4~6月の実質国内総生産(GDP)速報値が発表されました。これが前期比年率27.8%減と戦後最大の落ち込みだったことを受けて、景気の先行きに対する不安感が高まり、売りが広がりました。ただし下げ幅は大きくありませんでした。

続きを読む

先週は、国内海外ともに夏休みに入っていた投資家も多く、市場参加者が少ないこともあって、その後も小幅にもみ合いが続きました。23,000円を超えると利益確定の売りなども出て、上値が重い展開となりました。商いも薄く、東証1部の売買代金は5日連続で2兆円を下回っています。

今週の動きはどうなるでしょうか。国内外で主要な企業の決算発表が終了したことから、材料に欠けるところです。米株や為替相場の動向に振られそうです。ただ心配なのが、米株の過熱感です。

米国では新型コロナウイルス感染者の増加ペースが落ちていません。米国での死者も約18万人と世界最多となっています。それにもかかわらず、相場は上昇を続けています。

21日のダウ工業株30種平均は、前日比190ドル60セント高の27,930ドル33セントとなっています。ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は46.85ポイント高の11,311.80、S&P500種株価指数は11.65ポイント高の3397.16となっており、ともに過去最高値を更新しています。

その反動がいつくるのか少し心配ですが、直近は底堅いと見ていいでしょう。日本株も連れ高になることが期待されます。

ただし、中期的には、香港や華為技術(ファーウェイ)問題などを巡る米中の対立には今後も注意が必要です。大統領選を控え、トランプ米大統領が新たな制裁などを打ち出す可能性もあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。