老後資金の「貯めどき」はいつなのか…おトクに貯めて準備できる方法はある?

NISAで節税の恩恵を受けながら投資!

老後資金準備の手段の一つとして、少額投資非課税制度のNISAやつみたてNISAでの投資を活用するのも一つの手です。このNISAやつみたてNISAも、節税効果の恩恵を受けられます。

つみたてNISAはその名の通り積み立て投資のための制度で、年間40万円までが上限となりますが、そのかわり20年という長期間にわたって非課税で投資信託を保有することができます。

一方、NISAの上限は年間120万円、非課税で保有できるのは5年と決まっています※。ただし、つみたてNISAで買い付けられるのが投資信託のみという制限があるのに比べて、NISAは国内外の株式と投資信託が対象になっています。

※5年間の非課税期間が終わったら、翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)ことも可能。詳しくは金融庁のNISA特設ウェブサイトをご参照ください。

株で投資をしてみたいという人はNISAがいいでしょうし、投資信託を積み立てながらのんびり資産形成をしたいと思っている場合はつみたてNISAがいいでしょう。自分の好みに合わせて投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

老後資金を準備するには色々な方法があります。大事なのは、自分のライフプランに沿ってメリハリをつけてお金を貯めること、そして貯金以外にも複数の選択肢を持っておくことです。様々な選択肢の中から、自分に合ったものを選んでくださいね。

大塚 ちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。