定年後70歳、みんな貯金はいくら残っているか

copy URL

70歳代の老後の生活費はゆとりがあるのか

老後の収入の大半を占める年金収入。ここで年金についての考え方について、70歳代の回答を見てみると、

  • 年金でさほど不自由なく暮らせる:8.7%
  •  ゆとりはないが、日常生活費程度はまかなえる:57.1%
  •  日常生活程度もまかなうのが難しい:32.7%

という結果が出ています。

老後の生活にゆとりをもたせようと思うと、年金収入だけでは不十分ですが、ここで少しずつ切り崩せる貯蓄があると、ゆとりをもたせることができるといえます。

なぜ70歳代の老後生活にゆとりがないのか

私たちはたらく世代がここで注目したいのが、70歳代が年金ではゆとりがないと回答した理由です。

  •  年金が支給される金額が切り下げられるとみているから
  •  高齢者への医療費用と介護費用の個人負担が増えるとみているから
  • 物価上昇等により費用が増えていくとみているから

ここに挙げられた理由は、そのまま今のはたらく世代の老後生活への不安要素といえるかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。