「朝食」を抜いている人は、どれくらいいるのか

仕事の種類と朝食の関係とは

仕事の種類別、朝食抜きの人の割合は?

ここでは仕事の種類別の朝食欠食者割合をみていきます。学生は除きます。

専門的・技術:14.7%
管理:20.3%
事務:15.2%
販売:17.2%
サービス:16.1%
保安:18.3%
農業:4.4%
林業:0.0%
漁業:0.0%
運輸・機械運転:20.0%
生産工程:16.8%
家事:5.9%
その他(無職):6.8%

もっとも多いのは、管理的職業従事者となっています。管理職は多忙とよくいわれますが、その忙しさが朝食抜きに影響しているのでしょうか。次いで運輸・機械運転従事者です。不規則な勤務形態の人もいるのかもしれません。

もっとも少ないのは林業・漁業・農業従事者となっていました。

まとめにかえて

朝食抜きの人は意外と少なく、全体の10%程度です。その中でも、一人暮らしの20代男性の割合が高くなっています。また仕事の種類においても関連性があるようです。仕事が忙しい、不規則、夜遅くまで飲み会があった…など仕事に関する理由で朝食を取っていない人が多いのかもしれません。あえて朝食を抜いている人はそこまで多くない、ともいえそうです。

参考

「食育に関する意識調査」農林水産省
「国民健康・栄養調査(平成30年)」厚生労働省

尾藤ちよ子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。