マイナポイントに間に合わせよう!「マイナンバーカード取得方法」をFPが解説

2020年9月からマイナポイントがスタートします。マイナポイントとは、マイナンバーカードとキャッシュレス決済を連動させて、ポイントを付与する事業です。ポイントをもらうためには、マイナンバーカードを取得しなければなりません。まだ取得していない人は早めに申請しましょう。この記事を読めばスムーズに取得できますよ!

1. 申請するまで

まず最初に申請の準備をしましょう。「通知カード」を持っていますか?

通知カードは2015年10月中旬から、簡易書留によって各家庭に郵送されたものです。現在は、通知カードの新規発行は廃止されており、2020年5月25日からは「個人番号通知書」に変わっています。(※)

続きを読む

※出生された方や国外から転入された方には、「個人番号通知書」が送られます。既に通知カードを持っている方には「個人番号通知書」は送られません。

この通知カードの下についている交付申請書で申請できます。

出典:「マイナンバーカードの取得方法」マイナポイント事業

この通知カード(交付申請書)を紛失してしまった場合は、次の方法を取りましょう。

交付申請書を紛失しても、マイナンバー(個人番号)がわかっている場合は、以下のリンクからダウンロードをして、手書きで申請できます。

交付申請書のダウンロード
封筒材料のダウンロード
(地方公共団体情報システム機構「郵送による申請方法」より)

マイナンバー(個人番号)がわからない場合は、本人確認書類を持って、お住まいの市区町村窓口で交付申請書を発行してもらいます。

単純にマイナンバーを知りたい場合は、マイナンバーが記載された住民票を取ることで確認することができます。これによって、上記の申請書をダウンロードして手書きで申請することもできます。

注意したいのは、すでに交付された通知カードを紛失した場合です。自宅で紛失した場合は、お住まいの市区町村窓口への届出、自宅外で紛失した場合は、警察へ遺失の届出が必要となります。

通知カードの紛失は少し面倒なことになりますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石倉 博子(ファイナンシャルプランナー)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。
難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。
趣味は読書とイラストを描くこと。