コロナの影響でキャッシュレス決済利用は6割増。どのような利用が増えた?

キャッシュレス決済を利用する理由

これまで現金で支払いをしていたけれど、キャッシュレス決済を利用するようになった理由としては、「お得に買い物ができる」が27%となりました。例えば経済産業省が行う「キャッシュレス消費者還元事業」によって、ポイント還元が受けられますから、よりお得な買い物を意識していることがわかります。また「お金の管理がラク(家計簿アプリと連携など)」が8%で、お金の管理をしっかりしたいという気持ちもあるようです。

拡大する

キャッシュレス決済を使う理由(出典:㈱キュービックの調査より)

COVID-19の感染拡大防止ということで、「接触による感染リスクを下げる」ことに関連する項目の割合が64%となりました。具体的には「現金を持ち歩かなくてもよい」が22%、「お会計がスピーディ」が21%、「現金のやりとりによる接触リスクを避けられる」が14%、「現金で発生する手数料がかからない(ATM引き出しなど)」が7%となりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

ライターをしながら地方の田舎町で暮らしています。
夫と子ども2人(高校生)の4人家族。
老後のために今からいろいろ策を練ろうと模索中。