人気はまだまだ止まりません。「ノースフェイス」で探す春アウター5選

アウトドアウェアとしてだけでなく、街着としても完全に定着した〈ノースフェイス〉。最近では、マルジェラのレディースラインとのコラボも発表されるなど、その勢いはまだまだ止まりそうにありません。冬に引き続き、春もチェックしておいたほうがよさそうです。

というわけで今回は、これからの時期に頼れる“ノースアイテム”をご紹介します!

なんだかんだでオールブラック

まずは春の定番、コーチジャケット。オールブラックにおなじみのロゴが施された、使い勝手の良い一着。ノースを象徴する面構えです。表面はもちろん撥水加工で、梅雨も安心。

続きを読む

迷いながらもなんだかんだで選びがちなオールブラック。これ、結局長くお世話になるやつです。ネイビーも用意があるので、ブラック派以外もどうぞ。

今年も人気出そうです

昨年人気だったウインドパーカー。今の時期にちょうどいい塩梅の防寒力なので、今年も狙う方は多いはず。こちらは、ノースとしては意外なインディゴ生地を取り入れたバイカラーの一着です。

アウトドアブランド特有のナイロンのテカテカ感がないので、より街着として取り入れやすいのがグッド。ノースでこの感じ、洒落てます。

差をつけるならアノラックを

編集部内で“今年アツい”と囁かれているアノラック。春アウターの定番でありながらも、まだまだ街中での着用者も多くないので、差をつけるという意味でもおすすめの選択肢。

こちらは上記のウインドパーカーと同じバイカラー仕様で、インディゴ生地を採用した一着です。より玄人感ある着こなしを狙うなら、フルジップよりこちらかと。

あの“ヌプシ”がまさかのシャツに

ノースといえばヌプシ。ヌプシといえば2トーンカラー。つまり、“ノースといえば2トーンカラー”という(ちょっぴり雑な)三段論法も成り立ちます。こちらはそのDNAをシャツにも取り入れた、ヌプシシャツ。

意外な落とし所ですが、同ブランドらしさは満点。撥水加工済みのナイロン生地なので、ちょっとしたアウター感覚で取り入れるのもよさそう。

ダウンもベストなら

無理やり“ノースといえば”シリーズを続けるなら、思い浮かぶのはやっぱりダウンです。しかし、冬が終わった今となっては、トゥーマッチ。狙うべきは、長袖ではなく、ダウンベストのほう。

こちらは1996年にリリースされたレトロなモデルの復刻版。長袖のダウンより、90sっぽさが強調されるというメリットも見逃せない。これからの時期は、ロンTにさらっと合わせる着こなしがクールです。

あとがき

すっかり街行く人のアウター選びの主役に躍り出た感のある〈ノースフェイス〉。冬物だけでなく、春物もぜひチェックしておきましょう!

FACY

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。