独身のマイホームは婚期が遅れる?それとも安心?男女で異なる「財産」の捉え方

・「家を買ったということは、住宅ローンを抱えているということですよね。『この人と結婚した瞬間、借金を抱えるのか…』と思うと、候補から外れると思います」

・「よほど理想的な家ならいいですが、そうでないなら特に嬉しくありません。売るにしても、購入時より高く売れるかどうか分からないですし…」

・「すでに住む場所が決まっていると思うと、ちょっと重荷に感じますね。できれば、結婚後に自分が望んでいるエリアに住むのがベストです」

男女で異なる「財産」の捉え方

マイホームを所有している独身男性に対して、「借金がある」「住む家や場所が自由に決められない」とマイナスイメージを持つ女性が多いようです。マイホームという財産は、なぜ独身女性にあまり受け入れられないのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。