NTTデータが一時▲11%安の暴落! 日経平均株価は続伸

【東京株式市場】 2020年2月5日

さらに、ハイテク株では、前日に決算発表を行ったローム(6963)が+7%高に迫る急騰となり、オリンパス(7733)も大幅高で昨年来高値を更新しました。

その他では、為替相場が円安に振れたこと等を受けて自動車株が買い戻され、マツダ(7261)やホンダ(7267)が大きく値を上げています。ただ、ザラバで決算発表を行ったSUBARU(7270)は直後から売られて小幅下落で引けたのが目を引きました。

一方、前日に決算発表を行ったNTTデータ(9613)が一時▲11%安の暴落となり、花王(4452)も▲2%超安の冴えない値動きとなりました。

また、前日に通期業績予想を上方修正したソニー(6758)は利益確定売りに押され、終値は下落しています。

その他では、株価指数寄与度の高い大型株が総じて上昇する中、1月の国内売上が大幅減となったファーストリテイリング(9983)が小幅下落で終わったことが注目を集めました。

新興市場(東証マザーズ)では、NTTドコモと大型ポイント提携を発表したメルカリ(4385)が一時+8%高に迫る急騰となりましたが、終値は+4%弱高に止まりました。一方、ブシロード(7803)は値を下げています。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。