インスタで家計簿を公開する意味って何? 「#家計簿」の効果とは

毎月の収入と支出を管理するために、家計簿をつけている人は少なくないと思います。家計簿をつけて収入と支出の流れを見える化することで、節約に向けての改善ポイントが分かりやすくなりますからね。

しかし、その家計簿を全世界に向けて公開しようと考えたことがある人は、どれくらいいるでしょうか。

「自分の家計簿を公開するなんてありえない!」と思う人もいるかもしれませんが、インスタグラム(Instagram)上で「#家計簿」で検索すると約50万、「#家計簿公開」で検索すると約3万もの投稿があることが分かります※。

続きを読む

今までは公開をする機会がなかった家計簿を、あえて公開することのメリットについて説明していきましょう。

※2020年1月末現在

家計簿を付けている人は全体の半分弱

2018年に調査会社のアスマークが4000人を対象にして行った調査によると、市販の家計簿・ノート・Excel・家計簿アプリなど、何らかの形で家計簿をつけている人の割合は、全体の46.8%でした。

女性は52.3%、男性は41.3%が家計簿をつけており、年齢別に見ても大きな差異はないことから、家計簿をつけることが重要だという認識は、ある程度共通のもののようです。

ただ、そうして日々つけている家計簿を世間に公開するかと聞かれたら、意見が分かれるところでしょう。

今までは他人の家計状況を見たり知ったりする機会は、基本的にほとんどありませんでしたし、そもそもそれらを見たい・知りたいと思うことも、どこかタブー視されているような雰囲気がありました。

しかし、SNSが広く普及している現在、インスタグラムをはじめとしたSNSで家計簿を公開している人がいるのも事実なのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

京都大学大学院情報学研究科を修了後、リクルート住まいカンパニーに3年間勤務。退社後は金融関係の情報を中心に発信するライター/コラムニストへと転身。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Abema」「Credictionary(セゾンカード)」などに寄稿中。