コメダ珈琲店が成長し続けられる理由は「タピオカ」にあり?

コメダ珈琲店 川口芝店

コメダ珈琲店を運営する「㈱コメダホールディングス(3543)」の成長の勢いが止まりそうにない

2016年に上場して以来、2019年2月期決算まで3年連続で増益を達成。「日経会社情報」によると2020年2月期決算も黒字・4年連続増益と予想されています。

全国47都道府県への出店に留まらず海外への展開も進めるコメダ珈琲店ですが、成長を継続できる秘訣は経営方針の1つである「おいしいものの追及」にありそうです。

続きを読む

2020年第3四半期も前年同期比増益

2020年1月10日に発表された「コメダホールディングス2020年2月期第3四半期決算(2019年3月1日~2019年11月30日)」によると、コメダ珈琲店を運営する「株式会社コメダ」の持株会社「コメダホールディングス(3543)」は、前年の同時期と比較して四半期包括利益が6%上昇しました(40億円の黒字)。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学中退後に、金融や経済に興味を持ち、証券外務員1種を独学で取得。
コールセンターで契約社員として働きつつ、副業で金融ライターを始める。
主にクラウドソーシング経由でライター活動を行い、経済・金融・証券関係で500以上の記事執筆を経験。
将来の夢は「若者のためになる面白い経済・金融・証券情報を発信するプラットフォームを作る」こと。