なぜ今、中国で積極投資? 富士電機が自販機事業拡大へ

大連工場の生産能力増強の背景と今後の注目点

aphotostory / Shutterstock.com

中国といえば厳しい話ばかりだが...

かつては成長市場と期待された中国市場も、最近では厳しい話ばかりが目立ちます。

たとえば、2016年5月13日に決算を発表した日立製作所(6501)は、2017年3月期の中国の市場環境について「不動産業や過剰生産能力を抱える製造業を中心に投資・生産が低迷」するとし、建設機械や昇降機などが引き続き苦戦する可能性を示唆しました。

こうした中、「おや?」と目を引いたのが富士電機(6504)です。同社は2016年4月28日に開催された決算説明会及び中期経営計画説明会において、中国大連工場の生産能力を倍増する考えを表明しました。

続きを読む

同社は2016年3月期に大連工場の能力を従来の2倍の5万台/年に引き上げたばかりですが、今回の説明会では中計の期間中(2017年3月期~2019年3月期)に、これをさらに10万台/年まで増強する考えを示しています。

富士電機は、国内の自販機市場ではトップメーカーですが、自販機事業の量産技術や、ヒートポンプを活用した省エネ技術を活かして、中国でもこれから積極攻勢に出る考えのようです。

富士電機はなぜ中国で増産を行うのか

中国の景気減速が伝えられる中で、なぜ今、積極投資なのでしょうか。この答えとしては“大衆のライフスタイルの変化”があげられます。

中国では経済発展に伴う生活水準の向上により、大衆消費者の嗜好が多様化してきています。そのため、これまでように「熱いお湯で入れたお茶を飲む」だけではなく、冷たい炭酸飲料や温かいコーヒーを、缶やカップで日常的に飲む人口が増加傾向にあるのです。

こうした変化を背景に、中国でも日本と同じように、工場、事務所、大学、病院、空港や鉄道駅など様々な場所に自動販売機が設置されつつあります。

つまり、富士電機が相次いで増産投資を行う背景には、景気減速を越えるほどのライフスタイルの大きな変化があると見ることができます。

今後の注目点

今後は、需要が期待通りに拡大するのか、また、量産技術や省エネ技術を差別化要因として中国の地場メーカーとの競争激化を中期的に回避できるかを注視したいと思います。

ちなみに、同社の自販機事業が含まれる食品流通セグメントの2016年3月期の営業利益は80億円(全社の約18%)ですが、今回発表された中期計画では、2019年3月期に90億円まで拡大させることを予想しています。

現状では、国内事業で大半の利益を稼いでいますが、人口減の影響等により国内の自販機事業の伸び悩みは避けられないため、目標達成のためには中国での成長が大きなカギを握ると考えられます。

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。