今こそ、子どもと「お金の話」をしよう!子どもに伝えてはいけない「禁句ワード」とは?

子どもにお金の話をするときのポイントは

子どもにお金の話をしたくないと考える人のなかには、「親に『お金がない』と言われ続けてつらい思いをした」というケースが少なくありません。また、「子どもに対して、『パパやママが稼いでいるから、こんな生活ができるんだよ』という話をするのは恩着せがましくていやだ」と感じる人もいるようです。

子どもの金融リテラシーを向上させたいなら、「お金がない」「パパやママのおかげだよ」などという親の感情や都合だけを伝えてもあまり意味がありません。むしろ、逆効果になることさえあるでしょう

ポイントは、「お金とはどういうものか」ということや働いてお金を得る仕組み、家計収支の実情などといったお金にかかわる”事実”を正確に伝えることにあります。事実を子どもに教えるためには、親自身が正しい知識を身に付けておかなくてはなりません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。