「おひとりさま」のメリット・デメリット。将来に不安はないの?

「結婚して家庭を持ってこそ一人前」という価値観が当たり前ではなくなり、自分の人生を楽しむためにあえて「結婚しない」という選択をして「おひとりさま」を謳歌する人もいます。また、パートナーがいたとしても自分の時間を大切にしたいとおひとりさまで行動する人も少なくありません。

今回は、おひとりさまで行動することのメリット・デメリットを見ていきます。

おひとりさま向けのサービスが続々

女性がひとりで外食したり映画を観に行ったりという行為は、一昔前なら好奇の目で見られることもあり、一種のタブーとも言える行動でした。しかし、最近では「ひとり旅」「ひとりカラオケ」「ひとり焼肉」など、さまざまな「ひとり」を楽しむ女性が増えています。

続きを読む

おひとりさまを楽しむための施設やサービスは年々増えており、2018年11月、菱熱工業は1人専用のホットヨガルームを発売。ホットヨガに興味があるけれど一緒に行く人がいない、体を他の人に見られるのは恥ずかしいという人にはぴったりなのではないでしょうか。

また、「ひとりラブホ」というのもあり、ラブホテル側もカップルだけではなく様々な層に来てもらえるようなサービスを考えているようです。

ラブホテルはシティホテルよりも低料金なのに豪華な設備でリッチな気分を味わえる空間。部屋によってはカラオケやマッサージチェア、ジャグジー、ルームサービスなど使うこともできるので、自分へのご褒美として利用するのに意外と使えるといいます。

このようにおひとりさまを楽しむサービスも増えているので、自分さえ気にしなければおひとりさまをエンジョイできそうですね。

おひとりさまのメリット・デメリットは?

しかし、おひとりさまで過ごすのは良いことだけではないようです。さまざまなシチュエーションでのメリット・デメリットを紹介します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。