「あとで片づければいい」は卒業!部屋が散らからない5つのコツ

お部屋が汚いと人を呼ぶことができず、掃除もしにくいというさまざまなデメリットがあります。「ものが散らかっていて汚いから、片づけよう!」とは思うけれど、なかなか片づけられないという方も多いですよね。

お部屋を片づけられない理由は、「ものを捨てられない」「途中でやめてしまう」など人それぞれです。そこで今回は、どうしてお部屋が片づけられないのか原因を探り、その解決法についてまとめました。

散らかったお部屋のデメリットとは?

続きを読む

1.不衛生な環境である

お部屋が散らかっていると、自分が思っているよりもさまざまなデメリットがあります。例えば、お部屋が汚いと掃除がしにくく、衛生状況がよくないということも。ものが散らかっていると隅々まで掃除がしにくいため、ほこりなどがたまりやすくなってしまいます。

また、湿気などでカビが発生してしまっても、気づかないという場合があります

2.ものを探すのに時間がかかる

使ったものを定位置にしまわずポイポイとどこにでも置いてしまうと、次に使いたいときどこに置いたのかわからず、探すことになってしまいます

すぐに見つかればいいのですが、見つからない場合は探しものに時間がかかってしまい、イライラしたり予定に遅れてしまったりすることがありますよ。

片づけられない原因とは?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

働きたい女性が集まりチームを組んで、ライティングのお仕事を行っています。

ライティング経験豊富なチーム【フェミエール】より、女性ならではの生活の知恵を発信していきます!