お金が自然と集まってくる!?お金持ちが実践する3つの「モテしぐさ」

この調査の結果、100万米ドル(約1億1,000万円)以上の資産を所有している「ミリオネア層」は、日本に302万5000人いるとされています。これは、米国の1861万4000人、中国の444万7000人に次ぐ3番目の数字です。

お金持ちが実践している3つの心構え

「私が見ていて感じる、社長のお金に対する心構えは、こんな感じです」とAさんが挙げてくれたのは、以下の3点でした。これがお金に好かれ、お金を呼び込む「モテしぐさ」なのです。

自分とは違う業界の人や知らない人と自主的に関わる

自分とは違う業界や世代に属している人と関わると、新たな出会いやビジネスチャンスを得られるきっかけができることがあります。社長は、こういったチャンスを逃しません。パーティーや懇親会といった人が集まる場では、あえて知らない人に話しかけてみるのだとか。どこでどんな人と出会うかわかりませんからね。積極的に交流を持つこともお金持ちの特徴と言えそうです。

思い立ったらすぐ行動に移す

社長は、いいビジネスプランが浮かんでからイメージを具体化するまで、時間をかけないとか。実行までのスピードが非常に速いのです。また、「これを実行するぞ!」と周囲に宣言をして、周りの人も一緒に行動させることも珍しくないそうです。この行動の速さが、成功の秘訣なのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。