【マンガ】「お金オンチ夫婦」が借金500万円の赤字家計から脱出した3つのコツ

共働きで稼いでいると、生活費の割り振りをざっくり決めたあとは、お互いにいくら収入があるかよく知らないことも多いとか。お金の使い道や貯金額も把握しないまま、気づいたときにはパートナーが大きな借金を抱えている可能性も……。

そうならないために、「家計を見える化」して家族と情報共有することがとても大切です。お金の正しい使い方を知れば、ライフスタイルを変えずに倹約できるようになり、ムダなトラブルがなくなります!

続きを読む

今回は、『お金オンチ夫婦 借金500万からのビンボー脱出大作戦』(世界文化社、二ノ宮との著)から、お金に疎い共働き夫婦が借金生活から脱出し、家計管理を徹底したことから、夫婦関係まで良好になった3つのポイントをご紹介します。

共働き夫婦が見逃しがちな「家計の闇」

著者の二ノ宮とのさんは、ウェブで子育てマンガなどを執筆しながら、千葉の田舎で嫁ちゃんと幼い息子と3人暮らし。二ノ宮夫妻は30代前半で共働きですが、フリーランスで収入が不安定なため、世帯年収は約480万円でした。

総務省が公表している「家計調査」(2018年)によると共働き世帯の平均年収は約730万円なので、平均よりもかなり少なめ。ぜいたくなんかしていないのに家計はギリギリで、お金の不安から夫婦ゲンカが絶えなかったそうです。

お金の話ができず破産の危機が……!?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
世界文化社

世界文化社は、男性・女性・キッズ・シニア、あらゆる世代に“夢と感動”を贈り届けるコンテンツ創造企業です。創業より70年にわたる「出版事業」の他、「通販事業」「ワンダー事業(保育・介護関連)」、「新出版ビジネス(出版ブランドを活かした新事業)」を展開。時代の流れにより変化するお客様のニーズを敏感に捉えながら、高品質で革新的なコンテンツをお届けしています。