SNS拡散に不登校…子どもがイジメに巻き込まれてしまったら?こんな時どうする!?

「息子のクラスに不登校の子がいます。新年度当初は元気に登校していたそうですが、2学期からは1度もクラスに顔を出していないようです。

何気なく息子から聞いた内容は、とても陰湿なものでした。無視することから始まり、プリントを渡さない・目の前で破く、黒板に揶揄するイラストや言葉を書いてバカにするなど、聞いてとても気分が悪くなる内容でした。

『先生は何も言わないの?!』『いじめる子の気がしれないわね』なんて、私も感情のままに呟いてしまったんです。そうすると、息子が涙目になりながら言いました。

『僕、その子と席が近かったから、何回か話したんだ。優しい奴で、仲良くなれたらいいなって思ってた。なのにいじめられるようになって…教室で1人で暗い顔していても、僕は何もできなかった。苦しそうだったのに、声を掛けることも、相手に注意することも、怖くてできなかった』

その言葉を聞いて、私自身も何も言えず、落ち込む息子の背中を優しくなでることしかできませんでした。そして思ってしまったのです、息子がいじめられる側でも、いじめる側でも無い第三者でよかった…と。」

まとめ

子どものいじめ問題は、当事者にとってはこれからの人生も大きく左右するとても深刻な問題です。そして、子どもの年齢が上がる程、内容も根深く複雑になりがちです。

そうなると、子どもだけでは対処が難しく、解決には大人の力が必要になるケースも出てきます。
子ども自身「しまった!」と思っても、解決まで時間が長引けば長引くほど、後戻りできなくなってしまうのが現代のいじめ問題です。

大人が正しい道へと導いてあげるべき問題と言えるでしょう。そんな時には、ぜひ手を差し伸べて上げてください。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。