小学校受験にベンツ1台分?口コミで見る「小・中・高での思わぬ学費の出費エピソード」

頑張って塾に通い、合格して高校に入学した後、どの位の費用が必要となるのでしょうか。都内の学校を例に、公立高校と私立高校の費用を見てみましょう。

【入学金】
都立:5,650円
私立:250,000円前後

【教科書代(1年分)】
都立:約28,000円
私立:約100,000~130,000円

【施設維持費】 
都立:0円
私立:90,000~192,000円

ご存知の通り、入学金にかなりの差があります。合格してから必要となる費用について、口コミを見てみましょう。
・「制服、学用品なども指定のものを購入するため、入学説明会の日だけでも数万円が必要に。子どもは喜んでいましたが親としては痛い出費です」

・「高校は義務教育ではないため、私立でも公立でも教科書代がかかります。分かっていたのですが教科書代を含む教材関連費の高さに驚きました」

・「私立高校の施設拡充費が家計に響きます。これとは別に寄付金等もありますので、資金が底をつきそうです」

このような支出を経ながら、大学への大きな費用を準備するのは並大抵ではありません。「子どもが希望する進路に進ませてあげたい」と思う反面、資金繰りの厳しさに頭を抱えてしまいます。

さいごに

子どもの学力や進路選択だけでなく、金銭面な事情に悩む家庭も少なくありません。教育資金で家計破綻…そういう危険性もじゅうぶんあり得るのです。家計トラブルを防ぐためにも、共働きなどの方法で収入源を確保したり、つみたてNISAなどの制度も活用したりしながら念入りに資金準備をしていきましょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。