30代で「アーリーリタイア」できる資産額と心がけとは?「セミリタイア」も視野に入れよう

通勤時の満員電車、仕事上のストレス、なかなか上がらない給料などに嫌気がさし、早々に会社を辞めて悠々自適な生活をしたいと考えたことがある人もいらっしゃることでしょう。
会社を辞めると収入源が絶たれるため、アーリーリタイア(早期退職)は容易ではないことを承知の人も多いはずです。

ところが30代でアーリーリタイアすることも可能で、それを実践している人もいるのです。

30代でアーリーリタイアを目指す際の注意点

続きを読む

30代でアーリーリタイアする際の注意点は下記の2つです。

①資金が底を尽きる

人生は不確実な出来事の連続で、生活していると予想外な支出が発生することがあります。
特に30代でアーリーリタイアすると、突然の病、事件、事故に巻き込まれる等々、40代、50代でリタイアするよりも突発的な支出が発生する可能性が高いです。

安定した仕事をしていれば、働いてお金を作り出すことができますが、アーリーリタイアをしてしまうとそれができなくなります。

また会社員時代は厚生年金を支払っていましたが、アーリーリタイアすると国民年金のみの支払いとなるため、満額で月額6万5,008円しか貰えません。(2019年1月18日現在)
計画が甘く安易にアーリーリタイアすると、資金が底を尽きてしまい、路頭に迷うことになりかねません。

アーリーリタイアする際は、しっかりとした計画を立てることが大切です。

②再就職が困難

資金が底を尽くことが予想された場合、再就職して会社員に戻ることも選択肢の一つでしょう。
ところが働いていない期間があると、企業側からの信用が落ちてしまい、簡単に再就職することが難しくなります。

特に50代で再就職するとなると、かなり限られた仕事しか残されていない可能性があります。
アーリーリタイアで完全にリタイアするのではなく、何か得意なことでもいいので仕事として行う「セミリタイア」のような生活をしておくことがリスク低減となるでしょう。

このような注意点を踏まえ、どれだけの資金があれば30代でリタイアすることは可能なのでしょうか?
以下で詳しく見ていくことにしましょう。

30代でアーリーリタイアを行うのに必要な金額

アーリーリタイアするために必要な金額を考える上で、以下の2つを考えることが大切です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

モトリーフールは、米国で1993年に設立された、個人投資家向け大手投資メディアです。2018年に日本法人を立ち上げ、投資の基礎知識から、米国本場の投資情報を日本の皆さんにお届けしています。